取得特許|JaPOS|日本生理学的矯正歯科学会webサイト

特許第4926292号.第4958323号

歯列矯正治療における上下顎骨不調和判断指標を特定の計算式により導き出すという、新しいコンセプトのセファロ距離分析方法であり客観的に比較された数字で表し、より正確な診断、そして治療の指標となるシステムなのです。また顎変形症判断指標の計算方法、顎変形症判断方法、プログラム及びコンピュータも認められました。

顎骨不正の程度をカテゴリー別に10分類し、歯科矯正治療に関わらず他の歯科治療においても、上下顎骨不調和判断指標となり、精度の高い治療の良きサポート役としての意味合いが期待できると考えております。

特許第4926292号 Patentee & Inventor Dr. DAIKI HIRABAYASHI D.D.S.,Ph.D.
【発明の名称】:歯列矯正治療における顎骨手術要否判断指標の計算方法、歯列矯正治療における顎骨手術要否判断方法、歯科治療における上下顎骨不調和判断指標の計算方法、歯科治療における上下顎骨不調和判断方法、プログラムおよびコンピュ-タ ※アメリカでの早期審査申請中、PCT国際出願済
特許第4958323号 Patentee & Inventor Dr. DAIKI HIRABAYASHI D.D.S.,Ph.D.
【発明の名称】:顎変形症判断指標の計算方法、顎変形症判断方法、プログラムおよびコンピュ-タ ※アメリカでの早期審査申請中、PCT国際出願済